杉並の町名の変遷

あなたの住んでいる町は60年前はどんな町名だったか

「八成小学校」「西田小学校」「成宗交番」など、なぜ地名でも何でもない固有名詞のついた施設があるのだろうか。杉並ビギナーなら少なからずこんな疑問を持っているのではないだろうか。
今回図書館の所蔵品、区民の方が保有なさっている各種地図、市販されている復刻版の古地図をながめ、町名に関する色々な変遷が確認できた。

昭和26年当時の町名区分

区の北西部分は、だいぶ細かい町名がびっしり。これらのうち現在でも、公園、橋、学校名にその名残のあるものがかなり多い。
のちに成田になる地域は、この地図の 東田 西田 成宗 にあたる。
元々東田 西田 はいずれも「田端」という名のついた飛び地であった。成宗をはさみ、右と左に同じ町名があるのもなんだろう、、、ってことで東、西とされたのではないか、、、その後この3つの町名は成田東、成田西の二つの町になる。

現在(平成17年)の町名区分

これが現在(平成17年時点)のものだ。だいぶあっさりしている。高円寺南 高円寺北 阿佐ヶ谷南 阿佐谷北など、事務的な町名が多く、合理的な反面、風情がないなあ、と感じる。成田の場合、結局成田東と成田西になったのだから、元々の町名でもよかったのではないか、、、とも思える。

消えた杉並の町名

では、どんな町名が姿を消したのだろう。
昭和7年、26年あたりの市販地図で確認できる町名で現在ないものをあげてみた。消えたのは区内北部の小さな町が多い。何となく個性的な名前で、インパクトが強いものが消えたのは残念だ。

●消えた町名
矢頭/住吉/四宮/柿ノ木/神戸/中瀬/八成/正保/向井/和田本町/松庵北町/松庵南町/新町/三谷/中通/宿町/関根/沓掛/成宗/西田/東荻/馬橋

ただ、町名は消えるばかりでもなく、その後ちょっと気のきいた梅里、桃井といったすっきりした美しい町名も生まれている。

DATA

  • 最寄駅: 上井草(西武新宿線)  下井草(西武新宿線)  久我山(京王井の頭線)  井荻(西武新宿線)  南阿佐ケ谷(東京メトロ丸ノ内線)  富士見ヶ丘(京王井の頭線)  新高円寺(東京メトロ丸ノ内線)  方南町(東京メトロ丸ノ内線)  東高円寺(東京メトロ丸ノ内線)  永福町(京王井の頭線)  浜田山(京王井の頭線)  荻窪(東京メトロ丸ノ内線)  荻窪(JR中央線/総武線)  西永福(京王井の頭線)  西荻窪(JR中央線/総武線)  阿佐ケ谷(JR中央線/総武線)  高井戸(京王井の頭線)  高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 掲載日:2007年03月23日