区立松庵梅林公園

解放感があり、ゆったりとした雰囲気。親子連れや散歩をする年配者、トレーニングをする若者など、利用者層の幅が広い

解放感があり、ゆったりとした雰囲気。親子連れや散歩をする年配者、トレーニングをする若者など、利用者層の幅が広い

なみすけとナミーにいつでも会える

区立松庵小学校の南側に位置する区立松庵梅林(しょうあんうめばやし)公園。2022(令和4)年4月2日に開園し、区内で初めてなみすけとナミーのスイング遊具が設置された。
以前は梅林が広がる生産緑地だったが、区が購入し「梅林を活用し地域のレクリエーションの場となる公園」をコンセプトに整備した。「梅林公園」という名の通り、周りを梅の木で囲うように設計されており、1月下旬から3月上旬にかけて梅の花の見頃を迎える。

見ているだけで癒やされる、なみすけとナミーのスイング遊具

見ているだけで癒やされる、なみすけとナミーのスイング遊具

園名の由来である梅の木が公園の周りを囲っている

園名の由来である梅の木が公園の周りを囲っている

周辺環境になじむ落ち着きのある公園

この辺りは江戸時代、松庵新田や松庵村と呼ばれた地域で、園内の説明板に「松庵村は五日市街道に接し、道路の両側を間口20間(36m)、奥行き250間(450m)の短冊形に地割されました」と記されている。公園も地割の名残で短冊形になっており、ゆったりとして開放感がある。
園内南側には原っぱ広場があり、芝生の上でのんびりとくつろげる。
また、防災設備としてかまどベンチ2台、かまどスツール3台を完備。2022(令和4)年度中に災害備蓄倉庫を設置予定だ。

芝生に寝そべりたくなる原っぱ広場(2022(令和4)年7月頃まで芝生養生中)

芝生に寝そべりたくなる原っぱ広場(2022(令和4)年7月頃まで芝生養生中)

「ぴょんぴょん」「ビュンビュン」「イチニーイチニー」

中央部の広場には、なみすけとナミーのスイング遊具、ネット遊具、「上体のばし」「バランス円盤」「コマ落とし」などの健康遊具がある。特に、区の公式アニメキャラクターであるなみすけとナミーの遊具は子供たちに人気で、愛らしい姿に大人たちの顔もほころぶ。広場は見通しが良く、子供が遊び回っても目に入りやすい設計で安心だ。ただし、日をさえぎる場所が少ないので、暑い時期には帽子や日傘で対策をすると良いだろう。週末の日中は、子供たちの元気な声が聞こえてきて温かい気持ちになる。

トランポリンのように飛び跳ねるネット遊具。6歳から12歳用

トランポリンのように飛び跳ねるネット遊具。6歳から12歳用

健康遊具の種類も豊富

健康遊具の種類も豊富

利用者便利情報(取材時現在)

広さ:3,183.4㎡  
駐車場:なし
駐輪場:あり
ベンチ:16台(テーブル付きもあり)
水遊び場:なし
ボール遊び場:なし
犬連れ:不可
トイレ:あり
バリアフリートイレ:あり
売店:なし
飲料自販機:なし
管理事務所:なし
防災設備:かまどベンチ、かまどスツール、防災バーゴラ

かまどベンチやかまどスツールが設置されている

かまどベンチやかまどスツールが設置されている

DATA