バインミーバイミー

たっぷりの具材が魅力。ベトナム料理の定番バインミー

たっぷりの具材が魅力。ベトナム料理の定番バインミー

気軽に楽しめるベトナムの味

バインミーバイミーは、高円寺駅より中央線高架の南側を阿佐谷方向に歩いて約3分の場所にあるベトナムサンドイッチ・バインミーの専門店だ。高校生の時から高円寺北に住んでいる藤田氏が、2021(令和3)年12月に開業した。
バインミーは、フランスパンに大根とニンジンの酢漬け、ベトナムハム、レバー、パクチーなどの具材が挟まったベトナム料理の定番。通りに面した窓口で10種類ほどある商品の中からチョイスし、その場で作ってもらう。店内にはカウンター席があり、イートインもできる。メニューは、本場の味を生かしながら、肉が苦手な人のためにエビをメインにしたり、アボカドやクリームチーズをアクセントに使ったりといったアレンジが加えられている。顧客を飽きさせない多彩なラインアップが魅力だ。野菜たっぷりの具材は、パンからはみ出すほどボリューミーで、かみ応えのあるパンとの絶妙な組み合わせが堪能できる。

店舗外観。看板のかわいいイラストは藤田夫人の手描き

店舗外観。看板のかわいいイラストは藤田夫人の手描き

「ベトナムハムとローストポーク」(770円)。ベトナム人にも人気の定番商品

「ベトナムハムとローストポーク」(770円)。ベトナム人にも人気の定番商品

バインミーのおいしさを伝えたい

オーナーの藤田氏は、5~6歳の頃から親の仕事の関係で東南アジアを訪れ、現地の味に親しんでいた。2019(令和元)年にベトナムで料理のリサーチをしていた時に、1本でいろいろな味が手軽に楽しめるバインミーのおいしさに魅せられたという。帰国後に、ちょうどよい物件が空いていたこともあり、バインミー専門店を立ち上げた。「日本人の味覚に合うように、癖のある具材は避けています。たとえばレバーは、マイルドな鶏のものを使い、好き嫌いの分かれるパクチーは、水菜に変更可能です。大根とニンジンの酢漬けは、マイルドな味わいにするために、砂糖と塩でえぐみを抜いてから甘酢につけています」。レバーが苦手な場合は、量を調節してもらうことも可能だ。
藤田氏は、顧客の希望も取り入れながらバインミーを作るのが楽しいと語る。今後、どのような高円寺発バインミーが考案されるか楽しみだ。

「エビとアボカドの甘辛ソース」(820円)。エスニック感満載のソースが味のアクセント

「エビとアボカドの甘辛ソース」(820円)。エスニック感満載のソースが味のアクセント

サイドメニューの揚げ春巻き(4個 500円、2個 280円)。ライスペーパーを使ったパリパリの皮が魅力(写真提供:バインミーバイミー)

サイドメニューの揚げ春巻き(4個 500円、2個 280円)。ライスペーパーを使ったパリパリの皮が魅力(写真提供:バインミーバイミー)

挑戦できる街 高円寺

藤田氏にとって高円寺は長く慣れ親しんでいる街だ。「高円寺は、低コストで借りられる店舗が多く、店を開きたい人の挑戦を後押ししています。若い人も開業しやすく、常に新しい風が吹いているのを感じます。老舗と新しい店が混在し、切磋琢磨(せっさたくま)しているといった感じです。ただ、常に周囲にアンテナを張り巡らせておかないと、持続が難しいかもしれません」と藤田氏。近所の店舗の人々は常連客で、互いに支えあう横の関係を大切にしているとのことだ。

オーナーの藤田氏。明るい店内には4席のカウンター席

オーナーの藤田氏。明るい店内には4席のカウンター席

ドリンクメニューの「ベトナムアイスコーヒー」(400円)。コンデンスミルク入りベトナム定番ドリンク(写真提供:バインミーバイミー)

ドリンクメニューの「ベトナムアイスコーヒー」(400円)。コンデンスミルク入りベトナム定番ドリンク(写真提供:バインミーバイミー)

DATA

  • 住所:杉並区高円寺南3-61-11 
  • 電話:03-6686-7724
  • 最寄駅: 高円寺(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:00-15:00 / 17:30-22:00
  • 休業:月・火曜
  • 補足:ラストオーダー:21:00
  • 公式ホームページ(外部リンク):https://www.instagram.com/banhmi.byme/
  • 取材:村田理恵
  • 撮影:村田理恵、TFF
    写真提供:バインミーバイミー
    取材日:2022年11月19日
  • 掲載日:2023年01月23日