らーめん 天の道

厳選された中太の麺はどのスープにも合う。ランチは半ライス付き

厳選された中太の麺はどのスープにも合う。ランチは半ライス付き

井草八幡宮の向かいにある、地元ファンが多いラーメン店

青梅街道沿い、井草八幡宮の大鳥居の正面にあるらーめん 天の道。店長の市川繁雄さんは「まず食べてみてほしいのは“もやし味付玉子らーめん”です。“しょうゆ味”“しお味”“みそ味”“和風しょうゆ味”“ピリ辛味”が選べ、つけ麺にもできます」とにこやかに話す。
「もやし味付玉子らーめん しょうゆ味」は、味玉の濃いオレンジ色の黄身と、鮮やかな緑のネギのコントラストが食欲をそそる一杯。背脂のコクを加えた豚骨スープに麺がよく絡み、大きく柔らかいチャーシューと、たっぷりのもやしのしゃきしゃき食感が楽しめる。
他にも「担々麺」「油そば」など種類が豊富で、季節限定メニューもあり、何を食べるか迷うほどだ。「常連さんは、今日はどれにしようかなといろいろなメニューを選んでくれるんですよ。遠方から定期的に通ってきてくれるお客さんもいます」

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 文化・雑学>杉並の寺社>井草八幡宮

もやし味付玉子らーめん しょうゆ味/850円/麺150g。意外にあっさり食べやすい

もやし味付玉子らーめん しょうゆ味/850円/麺150g。意外にあっさり食べやすい

10店で修業し、地元杉並で開業

市川さんは生まれも育ちも杉並だ。「杉並は交通の便がいいので、若い頃はよく車であちこちのラーメンを食べに行きました。子育ても杉並です。“天の道”という店名は、息子が小さい頃好きだった仮面ライダーカブトの主人公の名前とセリフが由来なんですよ」
開業は2005(平成17)年。それまでに「野方ホープ」「ぶぶか」などの有名店をはじめ、10店ものラーメン店で修業を積んだという。「いろいろな店を見てきて、自分なりのやり方に落ち着きました。スープは、ゲンコツ・アタマ・アシ・セガラの豚骨4種類と、野菜5種類を10時間煮込んで作ります。豚骨を4種類使っている店は少ないんですよ。“和風らーめん”には魚介のだしも使っています。チャーシューは肩ロースです。チャーシューをゆでる時、背脂も一緒にゆでます。別にゆでる店もありますが、いい脂が出るので無駄にしたくないので。店内を清潔にすることも大切にしています」

カウンター席から清潔に保たれた厨房がよく見える

カウンター席から清潔に保たれた厨房がよく見える

「チャーシューは、“大きすぎるよ”と冗談で言われたこともあるんですよ」

「チャーシューは、“大きすぎるよ”と冗談で言われたこともあるんですよ」

初詣に、体が温まる「みそ担々」がおすすめ

夏は限定の冷やし中華や各種つけ麺、冬は「みそ担々」が人気だ。「“みそ担々”は“みそらーめん”をベースに、秘伝の味噌だれ・ひき肉・3種類のごまを合わせています。マイルドな辛さがポイントです」。丼の真ん中に乗った味噌だれの塊がインパクト大だ。市川さんのお勧めの食べ方は、最初は味噌だれを混ぜずに味わって、その後に混ぜながら食べる「二度おいしい」方式。辛みだけでなく旨味もしっかり堪能できる。「寒い冬には体の芯から温まりますよ。井草八幡宮の初詣の期間も休まずオープンしているので、ぜひ立ち寄ってみてください」

「みそ担々」(900円)。辛さを足したい時には一味で調整できる

「みそ担々」(900円)。辛さを足したい時には一味で調整できる

店舗情報

【こだわり】豊富な種類を用意しているので、いろいろ食べて好きな味を見つけてほしい

・他ラーメン:「つけ麺」「油そば」「担々麺」「辛みそ野菜らーめん」など
・メニュー:ミニチャーシュー丼、ギョーザなど/トッピング:味玉、チャーシュー、もやし、ネギなど/大盛:麺70g増し
・ラーメン専門店
・カウンター9席
・子供可
・2005(平成17)年開業

西荻窪駅から徒歩約18分。バスの場合、荻窪駅から「井草八幡宮」下車、徒歩約1分

西荻窪駅から徒歩約18分。バスの場合、荻窪駅から「井草八幡宮」下車、徒歩約1分

DATA

  • 住所:杉並区今川4-8-5
  • 電話:03-3395-7795
  • FAX:03-3395-7795
  • 最寄駅: 荻窪(JR中央線/総武線)  西荻窪(JR中央線/総武線) 
  • 営業時間:11:30-15:15 / 18:30-22:15
  • 休業:月曜
  • 公式ホームページ(外部リンク):https://ten-no-michi.anteku.jp/
  • 取材:仲町みどり
  • 撮影:仲町みどり、TFF
    取材日:2023年12月06日
  • 掲載日:2023年12月25日