杉並の保養施設・宿泊施設

お得に利用できる宿泊施設

国内4箇所の地域に、杉並区民がリーズナブルに泊まれる区の民営化宿泊施設(※1)と協定旅館がある。民営化宿泊施設は、富士山観光に便利な「富士学園」や、伊豆の海にほど近い「弓ヶ浜クラブ」など、いずれも自然を満喫できる施設ぞろい。区内在住者がこれらを利用する場合には、2000円の宿泊補助が適用される(※2)。
このほか、北塩原村と青梅市には協定宿泊施設が複数あり、利用する際に割引サービスを受けることが可能だ。
これらの宿泊施設の多くは杉並区の交流自治体にある(※3)。旅先の選択肢の1つとして活用してみてはいかがだろうか。

▼関連情報
杉並区ホームページ>保養施設・宿泊施設(外部リンク)

※1 杉並の宿泊施設は区施設としての営業を終了し、2002(平成14)年より民営化施設として営業している。
※2 65歳以上または障害のある方は3000円の宿泊補助が適用される。
※3 交流自治体以外では、神奈川県の湯河原町に協定旅館「湯の里杉菜」がある

DATA

  • 取材:西永福丸
  • 撮影:西永福丸 写真提供:文化・交流課、富士学園
  • 掲載日:2015年10月15日
  • 情報更新日:2021年01月05日

観光やグルメ、スポーツ体験など、目的に合わせて便利に使える宿泊施設がたくさんある(写真提供:富士学園)

観光やグルメ、スポーツ体験など、目的に合わせて便利に使える宿泊施設がたくさんある(写真提供:富士学園)