荻外荘オリジナルグッズ

「ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース」。A5サイズのノートや本がぴったり収まる

「ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース」。A5サイズのノートや本がぴったり収まる

購入すると「荻外荘復原・整備プロジェクト」にも貢献

杉並区は、荻窪にある国指定史跡「荻外荘(てきがいそう)(近衞文麿旧宅)」を2024年12月に史跡公園として公開することを目指し、「荻外荘復原・整備プロジェクト」を進めている。
杉並区都市整備部みどり公園課ではプロジェクトをより周知できるよう5種類のオリジナルグッズを企画。「デザインを考えるプロセスも楽しかったです」と職員は話す。2022(令和4)年8月1日から区役所1階コミュかるショップで販売しており、グッズの売り上げは荻外荘の復原・整備に活用される。

▼関連情報
すぎなみ学倶楽部 歴史>杉並区に残る戦争のつめ跡>荻外荘(近衞文麿旧宅)
すぎなみ学倶楽部 歴史>記録に残したい歴史>運命の宰相・近衞文麿と荻外荘
杉並区>荻外荘復原・整備プロジェクト(外部リンク)

「ウォッシャブルペーパー荻外荘ストックバッグ」。上部を折り返すと荻外荘客間の壁紙にある動物模様が現れる(写真提供:みどり公園課)

「ウォッシャブルペーパー荻外荘ストックバッグ」。上部を折り返すと荻外荘客間の壁紙にある動物模様が現れる(写真提供:みどり公園課)

客間の壁紙の模様と応接間の床の敷瓦紋様

荻外荘は、昭和戦前期に内閣総理大臣を3度務めた近衞文麿の旧宅である。
オリジナルグッズのアクセントになっている動物模様は、客間の壁紙の模様。1940(昭和15)年、この客間で第二次近衞内閣の基本方針を話し合った「荻窪会談」が開かれた。
また、グッズのロゴマークの元になっているのは、建物の設計者である伊東忠太(※)がデザインしたといわれる龍の紋様で、応接間の床の敷瓦に使われていた。

「荻窪会談」が開かれた荻外荘の客間。壁に動物模様が見られる(写真提供:個人)

「荻窪会談」が開かれた荻外荘の客間。壁に動物模様が見られる(写真提供:個人)

「ブリーフケース」のマチ部分には、龍の紋様のロゴマークがある

「ブリーフケース」のマチ部分には、龍の紋様のロゴマークがある

サステナブル素材の生活雑貨

「ウォッシャブルペーパー荻外荘ストックバッグ」「ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース」は、杉並区成田西にあるクリオインターナショナル株式会社が制作した。どちらも、紙と植物由来のセルロースを主原料とした自然環境への負担が少ない素材を使っており、水にぬれても型崩れしにくく破れにくい。
ストックバッグは、キャンバス生地のような質感。部屋のインテリアとして植木鉢のカバーに使うこともできるし、耐水性があるので台所や洗面台に置いて小物を入れてもよい。
ブリーフケースは革製品のような質感。マチ幅は3cmで、丈夫なだけでなく見た目以上に収納力がある。本や書類のほか、歯ブラシなどのトラベルセットや、ドライバーやはさみなどの道具入れとしても活躍しそうだ。

▼関連情報(外部リンク)
クリオインターナショナル株式会社

価格・サイズ
・ウォッシャブルペーパー荻外荘ストックバッグ 900円
縦24cm×横15cm×マチ幅15cm

・ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース 900円
縦22cm×横16cm×マチ幅3cm

留めの玉ひもがおしゃれな「ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース」(写真提供:みどり公園課)

留めの玉ひもがおしゃれな「ウォッシャブルペーパー荻外荘ブリーフケース」(写真提供:みどり公園課)

販売場所
コミュかるショップ
・注文配送(詳しくは以下の外部リンクを参照)
杉並区>荻外荘オリジナルグッズ(外部リンク)

問い合わせ
都市整備部みどり公園課みどりの計画係
電話:03-3312-2111(代表)

※伊東忠太(いとう ちゅうた):築地本願寺などを手がけた日本を代表する建築家

DATA

  • 取材:矢野ふじね
  • 撮影:矢野ふじね
    写真提供:みどり公園課、個人
    取材日:2022年07月25日
  • 掲載日:2022年08月29日